LIFE STYLE



アメリカではOKでも、イギリスではNG。こんなに違う世界のテーブルマナー

旅行や出張で海外に行く時に気になることのひとつがテーブルマナー。ナイフとフォークの使い方は習得したつもりでも、その使い方の細かいルールはアメリカとヨーロッパで違ったり、ヨーロッパの中でもフォークの向きに微妙な意味があったりなかったりします。さらにインドやアフリカなどでは、手づかみで食事をするためのルールもあります。そんな世界各国の意外なテーブルマナーを、シルバーウェアブランドのLangfordsがまとめているので、抜粋してご紹介します。   アメリカ大陸 アメリカ合衆国 ホストが座るまで、座ってはいけません。また、食べ物に息を吹きかけるのもマナー違反です。 移民国家で大らかな印象のあるアメリカですが、「ホストが座るまで座らない」「ホストに指示された席に座る」など、意外とはっきりしたルールがあるようです。   メキシコ メキシコではホストが「Buen Provecho(召し上がれ)」と言うのを待ってから食べ始めるのがマナーです。食事の席に時間通りに到着するのはマナー違反。30分ほど遅れて行きましょう。 時間に大らかなメキシコ人、待ち合わせの時は待たされる前提で、時間つぶしの手段を用意していったほうが良いようです。   ヨーロッパ   イギリス 必ずフォークは左手に、ナイフは右手に持ちましょう。食べ物が口いっぱいに入っている時に会話をしてはいけません。 「肉料理は最初に切り分けて、フォークを右手に持ち替えて食べてもいい」という説を時々見かけますが、それはアメリカのマナーです。イギリスで同じことをすると「子どもっぽい」と思われるので、気をつけましょう。 相手の口に食べ物が入っている時に話しかけない方がいいのは、多くの国で共通しています。では、まだ食べている時に話しかけられたら、どうすればいいのでしょうか?The Etiquette School of New Yorkのパトリシアさんはハフィントンポストの記事で、「そういう時は『ちょっと待って』というように指を上げて合図をすればいいんですよ」とコメントしています。   デンマーク おかわりが欲しい時は、フォークの歯を下に向けて置きましょう。お皿に残った最後のものを取るのは厳禁です。欲しい時は残ったものを半分に切り分けて取り、その次はその半分…と繰り返していきます。最後には、小さなかけらが残るようにしましょう。 遠慮深い日本人が最後の1ピースに手を出すことはあまりないかもしれませんが、逆にいえば、「最後の1ピースを食べたい時は半分に分ければOK」ということでもありますね。   ドイツ じゃがいもなどの柔らかい食べ物は、なるべくフォークで切りましょう。ナイフで切ると、暗に「固いからナイフが必要」と言っていることになるのでマナー違反です。サラダのレタスをナイフで切ってはいけません。フォークとナイフを使って、折りたたんで食べましょう。 ドイツでもイギリスと同様、フォークは左手、ナイフは右手という原則があります。左手でじゃがいもを切ったり、レタスを折りたたんだりするのは慣れない人には訓練が必要になりそうですね。   フランス パンはかじらず、必ず一口大にちぎって食べましょう。パンに乗せたチーズを伸ばすのはマナー違反です。 カマンベールやロックフォールのような柔らかいチーズは、ついバターのようにパンにのばしたくなります。でもフランスでは、小さく切ったパンに小さく切ったチーズをちょこんとのせて一口で食べるのが良いようです。   ロシア 花を手みやげにするときは、必ず奇数本にしてください。ウォッカを飲む時には何も混ぜず、氷も入れません。 偶数本の花は、ロシアではお葬式に使われるそうです。さらに黄色の花もお葬式用なので、避けたほうが良いでしょう。   アジア・中東   韓国 韓国では食べるペースを周りの人と合わせるのがマナーです。早すぎたり、遅すぎたりしてはいけません。スプーンや箸をお皿にあててカチャカチャ音を立てないようにしましょう。 日本では「早飯も芸のうち」と言いますが、韓国では周りの人に合わせて食べるのが良いとされています。   フィリピン 隣の人の飲み物が半分空いたら、注ぎ足してあげましょう。食事の席に早めに到着するのはNGです。必ず15〜30分遅れていきましょう。 日本と同じ「差しつ差されつ」の文化があるフィリピン。フィリピンの人と一緒に食事をする機会があったら、その人の飲み物がちゃんと入っているか、気を配りたいものです。   タイ タイの人にとって食事とは社交の場であり、その場で一番裕福だと思われている人が支払いをします。お箸を器に置きっぱなしにするのは縁起が悪いのでやめましょう。 タイでは外国人の方が裕福であることが多いため、タイ人と日本人が一緒に食事をすると、日本人が支払うものだと期待される傾向があります。この点は覚えておいた方がよさそうです。   アフガニスタン 床にパンが落ちたら、拾ってキスをするのがマナーです。ゲストをドアの近くに座らせてはいけません。 アフガニスタンでも、お客様はドアから遠いところに座ることになっているそうです。日本の上座・下座と似ていて、興味深いですね。   中東全般 食事中は静かにしましょう。食べ物を口に運んだり、人に渡す時に左手を使ってはいけません。 中東やインドでは「左手は不浄」とされています。彼らが右手だけで食事をするのはそのためです。食べ物以外のものを人に渡す時にも、必ず右手で渡します。     アフリカ ケニア 必ず食事の前に手を洗います。そのための水が入った鉢が食卓に運ばれてくることもあります。ケニアのマナーでは、その場で最年長の男性より先に食べ始めるのはNGです。 ケニアでは食事を手で食べるので、手を洗うのが大事な習慣なのですね。またアフリカや中東でも、日本と同じように年長者を敬う文化があるようです。   タンザニア ビールはボトルからではなく、必ずグラスに注いで飲みます。床に座って食べる時であっても、靴の底を人に見せてはいけません。 最近は日本でも小さな瓶で飲むビールが定着してきましたが、タンザニアではマナー違反なのですね。   エチオピア ウェイターを呼ぶときは手を叩いて呼びます。食事中に汚れた指をなめるのはとても行儀が悪いとされています。 エチオピアでも手づかみで食事をするので、手についた汚れをとりたくなります。でも手が食器と同じだと考えたら、指をなめるのは日本で言うところの「ねぶり箸」のようなものなのかもしれません。   海外に行かなくても活きる、マナーの知識 こうして見てみると、国や地域が違えば、気にするポイントもそれぞれまったく違うということが改めてわかります。初めて行く国では、ポイントだけでも押さえておきたいところですね。eDiplomatやetiquette scholarといったサイトでは世界各国のマナーを広範囲にまとめているので、こういった情報を事前にチェックしておくのもよいでしょう。 また欧米人から見ると、麺類をすする音とオナラやゲップは同じレベルで不快なもののようです。日本にいる時も、異文化の人と近くにいる時は配慮したいものですね。それと同時に、こういった異文化のマナーを知っておけば、日本に来た外国人の「えっ?」と思うふるまいを見ても寛容になれる気がします。 Source: Langfords, Huffington Post, german-way, goabroad, Thrillist Writer: MIHO FUKUDA

続きを読む



いざという時の準備、していますか? 税理士が教える、もめない遺産相続の極意:FUMIKODA SALON : June 2017レポート

去る6月30日に「FUMIKODA SALON : June 2017」が開催されました。今回は税理士をされている木村三恵先生をお迎えし、FUMIKODA世代が考えておきたい「遺産相続」についてお話をいただきました。ともすればドラマの題材のようにドロドロしたイメージを持たれがちな遺産相続ですが、きちんと家族でコミュニケーションを取りながら準備をしていくことで、親の人生を共に振り返ったり家族の歴史を次の世代に継承することにつないでいくことができます。では、具体的にどのようなことを考えていけばいいのでしょうか? 木村さんがご自身の経験も交えて語りました。   木村三恵先生(以下木村):税理士をしている木村と申します。今回は相続についてお話します。たぶん皆さんにとっても身近な話題だと思いますが、実は私も今年の2月に母を亡くしました。今まで仕事で相続に関わる案件にも携わってきましたが、いざ自分がそういう状況に置かれてみると、生前に準備しておけばよかったと後悔することがたくさん出てきました。 まず葬儀屋さんについて事前に調べておけばよかったと思いました。というのも亡くなって30分くらいは家族で悲しむ時間を持てるのですが、その後すぐに「どこに搬出しますか?」と聞かれるんですね。私の父は今85歳で、母は享年80歳という年齢でしたから、もう少し早い段階で死亡後の手続きについて確認をしておけばよかったです。 それから、故人の預貯金の整理も準備がないと大変なものです。私の母は、たくさんの銀行口座を持っていて、しかも色々な請求が別々の口座から引き落とされるようになっていました。誰かが亡くなると、銀行に申請をして故人の口座に入っている預金を凍結する手続きをしなければなりません。その後は分割協議が整うまで、基本的にお金を引き出せない仕組みになっているので、後日「引き落としができません」という督促が、たくさん父の元に来てしまいました。事前に引き落とししているもののリストがあると、引き落とし口座の変更が簡単だったでしょう。 お葬式に故人の友達を呼べない!? 木村:一番後悔していることは、母の友達の名前と連絡先を把握していなかったことです。親との会話の中で、呼び名は聞いたことがあっても、正式な名前が分からない親の友人や知人の方っていますよね。私の場合も、母とすごく仲の良い友人だとは知っていても、正式な名前が分からない方がいました。ですから、遠方に住んでいる母の友達に訃報を伝えることもお通夜や葬儀の案内もできなかったんです。後からようやく分かって連絡をした時には、「もっと早く言ってくれればお葬式に行けたのに」と、かなりがっかりされてしまいましたから、そのことを一番後悔していています。 この問題は親のことに限りません。自分にもしものことがあった場合にも、あらかじめ友達や関係者に訃報が伝わるようにしておきたいものです。例えばSNSでつながっている人に「私が死んだ時は、Facebookで訃報を伝えていいよ」とあらかじめ言っておくといいかもしれませんね。あとFacebookには追悼アカウントがあります。これはアカウントの持ち主が亡くなった時に、登録しておいた遺族や近しい人が故人のアカウントを管理できるというもので、私は夫を登録しています。私にもしものことが起こった時は、彼を通してFacebook上でつながっている私の友達に伝えてもらえますから。そこで知った人がFacebookではつながっていない、他の知り合いたちにも伝えてくれるでしょう。  エンディングノートを活用しよう 木村:エンディングノートって皆さんも聞いたことがあると思いますが、これは当人の死後に遺族にとって必要な情報がまとまるようにできているものです。こういったものを親御さんに書いていただくにあたり、注意しないといけないことがあります。それは、お金の話題からは絶対に入ってはいけないということ。これは税理士としての実感です。我々子どもサイドからすれば、別にお金が欲しくて話すわけではなく、相続が円滑に進むように書いてもらいたいのですが、親御さんからすると、ビジネスライクで冷たい印象を受けるようです。こういう話をする時は、先ほどお話したような「葬儀の時、お友達に連絡ができないと困る」という類いの話題から入るのがいいと思います。エンディングノートにも親族一覧や友人知人のリストを書き込めるようになっていますから、一緒に書き込んでいくといいかもしれませんね。 また、入院の時に連絡してほしい相手と、葬儀の時に連絡してほしい相手ってちょっと違ったりしますよね。最期の時に枕元にいてほしい友人がいるか、葬儀に呼んで欲しくない人もいるかもしれませんので、そういった本人じゃないと分からないことを書いておけるようになってるんですね。ですから、「まずは、お友達のリストだけでも書かない?」って言って書き始めていただくのが一番いいと思います。 人って机に向かうと勉強し始めたりするじゃないですか。だからエンディングノートも最初の一歩を書き始めると、結構夢中になって次々と書いてしまうものだと思います。そして、だんだん全部埋めたくなってくる。最後におそらくお金の項目も書いてくれるはずです(笑) 大事だけれども手強い遺言書 木村:ところでエンディングノートは遺族が故人の残したものを整理したり葬儀の準備に使ったりするものなので、法的な効力はありません。法的な効力を持つのは所定の手続きで作られた遺言書です。遺言書には公証人役場で作成する公正証書の遺言書と自筆の遺言書があります。自筆の遺言書の場合だと、最初から最後まで全文を手書きで書いて、日付と印鑑が押してあれば有効になります。 遺言書の作成をお勧めするのは遺族同士のトラブルを予防するためです。親の相続と話は違いますが、遺言書は我々世代でも書いておいた方がいいものです。「自分が死んだ後は、配偶者に全財産を相続すればいい」といって何も準備をしていないケースが多いと思いますが、子どもがいない夫婦の場合、遺言書がない場合には夫の親御さんと遺産の分割協議をする必要が出てきます。さらに義理のご両親も亡くなられていると、今度は義理のご兄弟姉妹と分割協議をする必要が出てきます。これは仮に揉めなくてもちょっと嫌ですよね。お子さんのいないご夫婦の場合、あらかじめ自筆の遺言書を書いておくことをお勧めします。 さて、自筆の遺言書は、封筒に「遺言書」と書いて、白紙の用紙に自分の名前と生年月日と、「遺言者○○は、妻〇〇にすべての財産を相続させる。」という一文と日付を書き、印鑑を押せば有効になります。最初から、公証人役場まで親御さんと一緒に行くのは結構ハードルが高いと思いますから、まずは自筆の遺言書を書いてもらう所から始めて、少しずつ正式な形に整えていくといいかもしれません。 知っておきたい相続税対策 木村:次に相続税について説明します。まず課税の対象となるかどうかですが、基本的には、財産が、3000万円と法定相続人1人につき600万の非課税枠の範囲内であれば相続税はかかりません。例えば、配偶者と子ども2人の場合だと600×3で1800万、それに3000万を足して4800万。つまり4800万までの財産であれば非課税というルールがあります。でもこれだと、都内で持ち家があると結構引っかかってしまいそうですね。 ちなみに法定相続人となるのは、配偶者とお子さんがいる場合は、配偶者と子どもだけです。配偶者がいてお子さんがいない場合だと、亡くなられた方の親御さんと配偶者で分ける形になります。ご両親がもう亡くなっていてご兄弟がいる場合は配偶者とご兄弟とで分けることになります。さらにご兄弟が亡くなってそのお子さんいる場合は、その姪御さんや甥御さんが相続人になります。 財産の処分には相続人全員の同意が必要ですので、遺言書がないと、甥や姪と相続の分割協議をしない限りは、亡くなった方の預貯金も引き出せなくなります。 相続税の課税対象額に話を戻しますと、配偶者が取得する財産には特別軽減枠があり、1億6000万までは非課税となります。例えばご両親のうちお父様が亡くなられて、財産をお母様に全部相続した場合、その財産が1億6000万までなら相続税自体はかかりません。ですから今の時点でご両親が健在なら、そんなに心配される必要がないと思います。 ただし、その後お母様が亡くなった場合は、子ども2人だと法定相続人は2人ということになります。先ほどの事例で言えば、600×2なので1200万と3000万足して4200万が非課税枠となり課税対象額が増えます。これは自宅も入れての話です。最初の相続の時にお母様にすべて相続してしまうと、その時は税金がかからなくていいかもしれませんが、次の相続の時に納税が多額になるということになりかねません。 また、ご自宅で同居されている場合は、土地の分の相続税はかなり軽減が受けられて評価額の20%のみ課税対象になるというルールがあります。とは言っても今は親御さんとは別にご自分の家をお持ちというケースがかなり多いので、その場合だと軽減は受けられません。ですから、あらかじめご両親と自分の財産の状況を見ながら、相続税がどれくらいかかるかを1回試算してみるといいと思います。 最後に宣伝になりますが、私も所属しているソフィアネットという団体で『いっきにわかる! 身近な人が亡くなった後の手続き最新版』という本を出しています。身近な人が亡くなった後に、どういう手続きがどのようなタイミングになるかが一覧になっていて、分かりやすいので、もしご興味があったらぜひ買ってください。 まだまだ聞きたい相続税対策 相続税は持っている財産の形や状態によって変動します。それぞれのケースによって相続税の対策をどのようにしていけばいいのか? 会場から、さまざまな質問が出ました。   質問1:先日両親と流動資産と固定資産の話題が出ました。不動産を持っているのと現金にしておくのとで、税制上の違いや相続した時の違いはあるのでしょうか? 木村:それはあります。同じ1億の価値のものであれば現金は1億で課税されますが、1億の価値のマンションだと、6000万程度の評価で課税されます。これは、相続の時の建物の評価が売買価格ではなく、固定資産評価額に基づくためです。 また、それを賃貸に出していると更に軽減が受けられます。例えばマンションの建物だけで5000万の価値があるとして、固定資産評価が6割だとすると3000万くらいに下がります。それを人に貸しているとなると、借りている方に居住権があるため、すぐに処分できないことを加味されて、3割減になります。つまり3000万×0.7で2100万として評価されることになるので、相続税が下がるのです。   質問2:有価証券にすると相続税はどうなりますか? 木村:有価証券だとその時の時価とその月の前3カ月間の平均値の一番低い金額で評価されます。これは、いい時もあるんですけど、すごく値崩れしている場合もあります。相続協議している間にどんどん価値が下がるケースもあるので、有価証券にしておくのがいいか、現金化しておいて方がいいかを判断するのは難しいと思います。   木村三恵氏プロフィールタクシア会計事務所 代表 一般社団法人相続オールインワン 理事 大学卒業後、大手スーパーに勤務。その後会計事務所に転職し、働きながら税理士資格取得。2006年に独立開業し、現在に至る。 クライアントは、不動産投資家、地主の方多数。豊かな人生のサポーターとして、法人や所得税にとどまらず、相続や事業承継のアドバイス等も行なっている。   参加者たちにとって改めて家族と自分の関係を見直すきっかけになりました。   会場で提供されたシャンパンはDuval-Leroy(デュヴァル=ルロワ)。6代目当主のキャロル・デュヴァル=ルロワは、経営者であり3人の子どもを育てるシングルマザーでもあります。     Writer: MIREI TAKAHASHI

続きを読む



思わずSNSで自慢したくなる食材キットサービス「Tasty Table」はこんなにすごい

みなさん、毎日自炊していますか? ギクっとした方も、いつも自炊しているという方にもオススメのサービスが2016年の11月に始まりました。その名も「Tasty Table」。 このサービス、毎週末に食材とレシピが届きます。メニューを監修するシェフは人気イタリアン『ダル・マット』の平井シェフ、フレンチレストランの石井シェフなど、錚々たるメンバーが名を連ねます。あの名店の味が自宅で楽しめたら…考えただけでワクワクしませんか?   使い切りの食材が土曜日にまとめてクール便で届きます   初めて使う食材と出会えるかもしれません   とはいえ、こんな難しそうなメニューがちゃんと作れるのか心配にもなりますが、ご安心を。写真とともに調理手順を丁寧に説明したレシピが同封され(スマートフォンでも閲覧可能)、より美味しく作るためのワンポイントアドバイスも載っているので、料理が苦手な人や初心者でも、まるで料理教室に行って習うようにできるんです。 例えばある週のメニューはこちら。 豚肉のソテー   スモークサーモンのトルティーノとミネストローネ   若鶏のシャスール風   思わず写真を撮って、自慢したくなること請け合いのビジュアルの料理の数々。食材の産地や品質も厳選されているので、味ももちろん文句なしです。今まで使ったことのないこだわりの食材や調味料、調理法を覚えるきっかけになるので、日頃の料理のレパートリーも増えるでしょう。実際に利用している方からは、「週末だけなので、仕事モードだった平日との切り替えにちょうどいい」「フォトジェニックなおもてなし料理のレパートリーが増えて嬉しい」「気に入ったレシピはファイルして使っている」という声も。 友人を招いたり、ちょっと背筋を伸ばして家族とディナーを楽しんだり…自宅での食事の楽しみ方を一気にアップグレードしてくれるTasty Table。もちろん、忙しい時や旅行で不在なんて時には、配送をパスすることも可能です。週末の食卓をおうちレストランにする、そんな食の楽しみ方を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。 料金は1週間あたり3500円から(1食か2食か、2名向けか4人家族向けかによって変わります)。配送頻度も毎週か隔週、月に1回と、ライフスタイルに合わせて選択できます。 Source: Tasty Table

続きを読む



バーチャルなら試し放題! 銀座にできた魔法の鏡が教えてくれる「今のわたし」に似合うメイク

有楽町駅を降りて東京交通会館の近く、各線銀座駅からもアクセス抜群の銀座インズ1に2017年6月にオープンしたビューティーセレクトショップ 「フルーツギャザリング」。エキナカで展開しているエキュートや、ららぽーとなどのモール、百貨店といったショッピングスポットを中心に展開しているフルーツギャザリングは、さまざまなメイクブランドを自由に選んで試すことができてとっても便利です。 銀座店には他の店舗にはない、ちょっとした仕掛けがあるようですよ。それはズバリ、「魔法の鏡」を使った体験型バーチャルメイクスタジオがあること。メイク×バーチャルで、私たちの化粧品ショッピングはどう変わるのでしょうか? お伺いして試してきました。 魔法の鏡があるのは、自然光が差し込む店内の明るい一角です。   手際のいいスタッフに誘われ、椅子に座ってパシャっと写真を撮ると、顔の各パーツがトラッキングされています。実はこの鏡、AR(拡張現実)技術と顔認識技術を組み合わせることで、リアルなバーチャルメイクを実現しているんです。 あとは鏡の中で思う存分、自由なメイクタイムの始まりです。アイシャドウ、チーク、リップはもちろん、ファンデーションやハイライトまで思いのまま。ブランドやアイテムをミックスして、さまざまなアイテムをさくさく試すことができます。カラーごとの繊細なニュアンスも反映されるので、ご安心を。 たった数秒で色が変えられるから、登録されているラインナップの端から端まで一通りのアイテムを試すのもお手のもの。こんな色、わたしには似合わないはず…と思っていた色にこそチャレンジしてみてください。食わず嫌いならぬ、つけず嫌いを克服するチャンス。運命の出会いを果たせるかもしれません。 鏡の中でメイクが完了したら、その場で使ったアイテムの一覧と一緒にプリントアウト。それを持って店内地図と一緒にメイクアイテムの大海原へ繰り出せば、宝探し気分が味わえます。さらにバーチャルメイクで選んだアイテムを使って、店内のメイクスペース「BEAUTY STAND」でポイントメイクを体験することもできます。 化粧品売り場に並んでいるのを見るだけでは、自分でなかなか手に取らない色のアイテムにちょっと緊張気味。 実際にメイクしてみると、どのアイテムも顔なじみがよく、使ってみることでより一層商品の良さを実感できます。 今回使用したのはこちらのアイテム。左から、リップのYSL ルージュ ヴォリュプテ シャイン 41、チークのTHREE エピック ミニ ダッシュ 05、アイシャドウのTHREE ウィスパー グロス フォーアイ 05。 今年のメイクは“濡れ感”が鍵。チークやアイシャドウもリキッドタイプが続々登場しています。今までリキッドタイプを使用したことのなかった人は、なかなか選ばなかった選択ではないでしょうか? そういったアイテムと出会うことができるのも体験型の魅力です。 最後にスタッフの重野さんに40〜50代の女性にオススメのメイクアイテムを教えてもらいました。 この写真を見て「こんな派手な色、使ったことない!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。けれど、実際につけてみると意外としっくり馴染むことが分かります。それもそのはず、ここでおすすめしてもらったのは、どれも透明感や血色の良さを引き出してくれるアイテムです。質感やカラーバランスを使いこなして、美しさを引き出すメイクをしてみませんか? <アイテム紹介>  1.YSL ヴォリュプテ ティントインバーム 6 タッチミーレッド 、2. CLINIQUE チーク ポップ 15 パンジー ポップ、3.THREE アンジェリックコンプレクションプライマー 04 MINTY FROTH、4.アナスイ リップ&フェイスカラーG #G303 #G400 #G600、5.C.O. Bigelow Mentha Lip Tint No1641 マジェンタミント、6.RMK LIP JELLY GLOSS 03 ベビーブルー、7.ADDICTION チークポリッシュ04 Revenge 06 Tadzio、8.ADDICTION ザ アイシャドウ99 ミスユーモア 92 マリアージュ、9.ローラ メルシエ シマーブロック ピーチモザイク   毎日するメイクは生活の一部。気づけば◯年、ずっと同じアイテムで同じメイクをしている方もいらっしゃるかもしれません。でも、その間に流行はもちろん、あなたの顔にも変化が起こっているはず。今のあなたに一番似合うメイクを「魔法の鏡」で探してみませんか?   フルーツギャザリング 銀座インズ店 営業時間: (月~土) 10:30~21:00 (日・祝) 10:30~20:00 電話番号:03-6228-6251 所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座西3-1 先 銀座インズ1 1階プチプチマルシェ内 休業日:銀座インズ1の定休日に準ずる 取扱ブランド:RMK/アディクション/アナスイ/イヴ・サンローラン/uka/エルバビーバ/クリニーク/KOBAKO/SABON/シー・オー・ビゲロウ/SHISEIDO/シャネル/シュウ ウエムラ/ジュリーク/ジョンマスターオーガニック/ジルスチュアート/シンピュルテ/THREE/ダヴィネス/ネイルズインク/バイオプログラミング/ベアミネラル/ボビイ ブラウン/ポール&ジョー/メイクアップフォーエバー/ラ・カスタ/ランコム/ローラ メルシエ など約40 ブランド

続きを読む



女性弁護士はミタ! いざという時の懐刀になる3つの法律知識:FUMIKODA SALON:April 2017レポート

去る2017年4月27日に「FUMIKODA SALON : April 2017」が開催されました。数カ月に一度、中目黒のショールームで開催されるFUMIKODA SALONでは、毎回さまざまな専門知識を持つゲストをお呼びしてお話を伺いながら、シャンパンとお料理を楽しみ、交流を深めていきます。 お料理は、リストランテ カシーナ カナミッラによるケータリング。ディナータイムに合わせて岡野シェフにお越しいただき、その場で作っていただいたパスタを堪能しました。 会場で提供されたシャンパンDuval-Leroy(デュヴァル=ルロワ)のキーワードは女性的、繊細さ、気品です。これは当主キャロル・デュヴァル=ルロワとチーフ醸造家サンドリーヌ・ロジェット・ジャルダンが女性であることに由来しています。 後半はゲストの弁護士の福崎聖子先生から、女性が幸せな人生を送るために知っておきたい法律知識についてご講演をいただきました。何かあった場合にも、最低限の法律知識を持っているだけで冷静になり適切な対応をすることができます。また、あらかじめトラブルを避ける自衛手段を知っておくことで、自分自身や身近にいる大切な人を守ることにもつながるはずです。 福崎聖子先生:皆さんこんばんは。弁護士の福崎聖子です。今日はこのような素晴らしい機会をFUMIKODAさんに頂きましてありがとうございます。今日のテーマは、「女性弁護士はミタ!」。法律について女性が知っておきたいあれこれということで、FUMIKODA世代の方々がぶつかる3つの問題についてお話しようと思います。 まず親の老化の問題ですね。親の相続の話もあって兄弟関係が悪くなる、というのはよくある話です。次に、結婚・離婚・再婚に関連する問題。最後に、今の時代は結婚をすることが唯一の選択肢ではないので、ずっと女性が1人で生きて行く場合は、どういうことに気をつけたらいいか。その3つのテーマについて、順次お話をしていきたいと思います。   お父さんと介護ヘルパーさんが、まさか…? まずですね、ご自分のご両親。たとえば、お母さんが亡くなってからお父さんの家に女性のヘルパーさんが来ているんだけど(あるいは昔からの知り合いや近所の女性という場合もある)、もしかしたらデキてしまったんじゃない…? うち結構お金持っているのよね…という相談が、結構実は多かったりします。ヘルパーさん(またはそれらの女性)が通帳を管理して勝手にお金をおろしてきたり、お家に入り込んだあげく、お父さんと再婚しちゃうという話も、ありました。 家族間のお金の問題だと、兄弟姉妹も争いの種になったりします。仲が悪い兄弟姉妹が、なぜか最近家に入り浸っていると思っていたら、ちょこちょこ親のお金がなくなるという話です。 このように兄弟姉妹やヘルパーから(生前にも、死後にも)何千万円も抜かれたのを、後から取り返すのは正直言ってすごく大変です。実際に今もそういう裁判があちこちで起きています。親が亡くなる直前に1日に500万円ずつ、合計数千万円も抜かれていたことが分かったケースもありました(もちろん、死後に抜くケースもあります)。 そういうことって、ちょっとおかしいな、と思った時点で信頼できる弁護士に相談したほうがいいんです。司法書士とか行政書士さんとかでもいいのですが、やはり弁護士がいい。なぜかというと、弁護士以外は、法律上、ほぼ紛争には対応できないことが多いですから。 予防策としては、まずご両親のどちらかの判断力が将来的に心配な状態になったり、体の自由がきかなくなった時には、「財産管理規約」を結べますので、それをしてください。その時には、親御さんから「あなた私の財産狙っているんでしょ、嫌な子ね」等と言われることも多いので、弁護士など第三者に入ってもらうと楽ですよね。 次に、本当に(親御さんが)認知症になってしまった場合には、裁判所を通して成年後見の手続きをします。その場合は、財産管理能力がないという証明のために精神科などで所定の検査をして診断書を取る必要があります。裁判所の監督も入るので子ども達の自由は利かなくなりますが、そういうことをやっておいたほうが後々の争いにはなりません。 後は、できればちゃんと遺言を書いてもらうのが色々なトラブルの予防になります。昔と違って今はそういう話題に対しても割とオープンじゃないですか。ただし、遺言は形式主義なので、自筆の場合には印鑑や日付などの決まった書式があります。形式を守らないと無効になってしまうのと、死後は家庭裁判所の「検認」という手続きが必要になりますので、できれば、自筆公正証書遺言よりは公証人役場に行って公正証書による遺言を最初からちゃんとやっておいたほうが、結局は、後々楽です。   離婚案件、やっぱり多いのはDVとモラハラ 次は男女問題に関わる案件についてお話します。離婚理由で一番多いのは性格の不一致ですが、今目立つのは夫からのDVやモラハラです。それから借金、女、もしくはその複合系です。だいたい借金をして女やギャンブルに使っていたりしますね。そのお金で飲みに行ったら女とデキちゃって不倫関係になったり。 モラハラはとにかく些細なことで機嫌を損ねて罵倒する奴ですね。もうしつこく何時間もネチネチやる。なかには監禁したり、お金を与えないとか罵倒したりして外界から隔離する人もいます。あと、自分の子どもなのに、焼きもちを焼いて辛く当たったり。 他には、ケチが原因になるケース。妻が使うお金を1円単位まで記録させたり、お金を渡さなかったり、結婚しているのに機嫌を損ねる毎に「婚約指輪を返せ、デート代を返せ、薬代を返せ」と言い出したり。中には出産費用や中絶費用も一切出さない人もいます。 もちろん女性に問題がある離婚のケースもあります。子どもを置いて素性の知れない男と駆け落ちしたり、家にいっぱいブランドの服があって、それをヤフオクとかで売っている人とか。女性の場合は、浮気と買い物依存、あとは鬱が原因になることが多いですね。 男の浮気ですけど、こんなケースがありました。知人に「旦那のDVとモラハラがひどいから離婚したいから相談に乗って」と言われたので、「それ、本当は女がいるんじゃない?」って私が言うと、「うちは絶対100%ないから。金ないし、ジジイだし」って言うんですよ。だけど、よく聞いてみると、兆候は必ずあります。洗濯物を持って帰ってこなくなるとか。それは一番に疑うべきところですね。あとは外泊をする、帰宅時間が遅くなる、「飲み会」の回数が増える、下着や洋服の趣味が変わるとか。急に冷たくなったり罵倒するようになった時は、だいたい他に女がいます。逆に急に優しくなる時は、ほぼ浮気…と私は思って話を聞いているんですけど、相談者は違うという。でも、私の経験では、十中八九、まずそうです。 そうなった時に、かなり酷い目にあっているにもかかわらず、「私に原因があるんだわ」と思う、あるいは相手に罵倒されて、そう思い込まされる女性がいるんですけれど、それは違います。要は相手が日陰であれこれ勝手なことをやっていても、正々堂々と調停の場や裁判所に引きずり出した時に、そこでも同じことが言えるか、そしてそれが認められるか、ということですよね。明るいお天道様の下に出せないことはやっていいわけがないんです。 さて、じゃあ離婚だな思った時に、何をやりますか? ということですが、まず証拠を取りましょう。浮気だったら探偵にお願いすることになりますが、探偵と弁護士の選び方は大事です。昔、ある興信所が依頼者の夫と不倫相手が居る部屋のドアに聴診器を当てて中の物音を聞くというふざけた調査をやったというケースがありましたが、それでも100万円も取っていました。そんな興信所に引っかかったら大変です。 派手に宣伝している興信所は、その分お金がかかって高くつくことが多いので、やめたほうがいいですね。弁護士の協同組合と提携している所は地味ですが料金は安いし、弁護士を通せば割引価格にしてくれたりします。 録音に関しては、他人の家に盗聴器を仕掛けるのは違法ですが、夫婦の部屋で会話などを録音しているものは証拠として認められます。ただし「自白した」というのは浮気に関しては強いかもしれませんが、DVに関しては「殴りました、ごめんなさい」という証言を録音できても「いやあの時に責められていたから、関係を修復するために自分を悪く言ったんです」なんて言い逃れされると裁判では不利なので、実際に暴力を振るっている時の音の方がよいです。 覚えていただきたいのは、裁判官は証拠を音声で聞かないということです。文書に起こしたものに目を通すんです。ですから、録音している時は下手に言い返さないでください。それを文書で読んじゃった時に、「なんだ、どっちもどっちじゃない」と、こちらの心証が悪くなっちゃうので。 浮気の証拠は、女の家かホテルの部屋で2人きりで2〜3時間過ごすのが証拠として認められることが多いです。ラブホテルだったら2人で入った写真だけでも証拠とみなされることが多いですが。DVなら傷、怪我の診断書、怒鳴り声の録音、物が粉々になった写真などが証拠になり得ます。 では、証拠を揃えたら何をやるか。一緒に住んでいて離婚調停をやるのは難しいですね。ですから別居してください。その時、向こうが「一方的な関係放棄だ、家事放棄だ、義務違反だ」ということを言ってくることが多いんですけれど、その時「ストレスでこんなに体調崩しちゃって、仕方がなくて家を出ました」と言うために、あらかじめ病状に応じた診断書を取っておくといいでしょう。 そして最近は、家を出てだいたい2〜3年で破綻ということで離婚が認められることが多いです。他の事情との関係で、1年で認められたケースもあります。もちろん双方の話し合いがつけば別居年数は関係ないので、協議で離婚できますが、話し合いがなかなかつかない時に調停になり、相手の浮気の証拠もない場合には「破綻した」というためにも別居期間はあったほうがいい。 調停というのは平たく言えば話し合いです。でも離婚自体は合意できても、財産分与や親権、養育費などについて決まらないと裁判にもつれ込みます。裁判にもつれ込んだ場合は、別居実績が2〜3年あれば向こうが嫌だと言っていても離婚は認められることが多いです。ただし、こちらが浮気をしてしまった場合は有責配偶者となるので、離婚請求はなかなか認められません。 離婚にかかる弁護士費用は弁護士により違いますが、だいたい一般的な着手金として30万円位を見てください(報酬は別途かかることが多いです)。でも、どうしてもお金がない場合は、持ち家や貯金がないかなどの審査がありますが国によって設立された「法テラス」(日本司法支援センター)で受け付けてくれます。法テラスは離婚案件なら大体15〜20万が着手金というところでしょうか。分割で、月々5,000円や1万円の支払いも可能です。 弁護士選びの基準は、もちろん相性もありますが、いい話ばっかりしない人がいいですね。「これは勝てます」とかすぐ言わない人。やたらと強気で攻撃的な人や感情移入しすぎる人は避けた方がいいです。あと大きい弁護士事務所の有名な弁護士にお願いしたいという人がいますが、こちらもお勧めしません。大企業のM&Aをやっているような弁護士が離婚裁判なんかやりませんから。300万円とか相場の10倍くらい払っても、ココだけの話、実際に裁判所に出てくるのは1年目の新人だったりします。 夫婦間に子どもがいる場合は、絶対忘れちゃいけないのは面会交流についての取り決めです。昔は家庭裁判所は、別れた夫と子どもを会わせないのが主流でしたが、今は逆に極端に面会を認めようとしすぎていると思います。もちろん子どもが望むなら会わせた方がいいんですけれど、子どもが本当に嫌がっているのを無理に会わせることが子どもの福祉のためになるのか。そこはもっと丁寧な対応を考える必要があると思います。「お父さんなんかに会うくらいなら」と子どもが言って道に飛び出して事故になったケースもありました。 (これは法律の話ではなくて一般論ですが、私が思うに)別れてしばらくして再婚したくなった場合、相手として避けるべきはケチ(笑)。結婚前からケチだったら、結婚したらもっとケチになります。また、人の悪口が多くて何でも人のせいにする人もやめておきましょう。束縛されると愛されていると感じられて嬉しいという人もいますが、結婚したら邪魔になりますので、これも避ける。後は、できないことや、やらないことに屁理屈をつけて逃げる人はダメですね。過剰なナルシストや…働かない人は、まず論外ですね。この辺も避けましょう。 最後になった時に「自分はこの人の何を見ているのか」ということは考えた方がいいかもしれません。たとえば環境や条件といったことは変わるものなので「自分が病気になっても、または相手が病気になっても、安心して一緒にいたいと思える人かな…」とか、「共に成長できる対等な関係かな」とかそういうことですよね。 離婚案件を担当して常々私が思っていることは、苦しみは必ず最後には乗り越えられるということです。その時は苦しくても、皆さんはちゃんとその後良い方と出会っていらっしゃいますから。それは苦労した分、許せる幅が大きく広がることで人として魅力的になり、公私ともに輝けるからだと思います。苦しいトンネルを抜けることで得られる学びは、たぶん人生にはあるのだと思います。 お一人様を選んだ女性に必要なこと さて、1人で生きるとなると、やはり身の安全が大事です。私には警察官の友人がいるんですけれど、彼女には「聖子ちゃん、日頃から、とにかく後ろをパッと見る(振り返る)のよ」とアドバイスされました。やましいことのある人は、見られると「この人にはスキがないな」と思うそうです。私も仕事柄、人から恨まれることがある仕事なので、やっています。 身の安全を守るために大切なのは、まずは君子危うきに近寄らずを徹底することです。でも、危ない人がいかにも危ない顔をしているとは限りません。むしろ優しい顔をして側にいたりします。そして、あなたが困るのを待って狙っています。すごくいい人で善人みたいな顔をしていながら、パッと困った時に足元を見てくるものなんです。ですから弱ったなと思った時は、客観的なことを言ってくれる人や違う人にも相談することが大事です。 あと皆さん、戸締りには気をつけてくださいね。性犯罪者は繰り返すことが多いので、忍び込むのは慣れているし空き巣もそうですから。オートロックはある程度の効果がありますよ。 ストーカーにも気をつけてください。彼らは目が合っただけでこちらに気があると勘違いするし、離婚した元夫とかもちょっと接触を持つと「まだ俺に気がある」と思ってストーカーになったりします。そういう男の人って粘着質だから、気をつけてください。 後は貸したお金は深追いしないことですね。前に1千万円を人に貸したら、そのトラブルでバラバラ死体にされて埋められた人がいました。その方は知人でした。ある時、家族の方から行方が分からないと電話があって、その数日後にニュースになっていました。その原因が借金の話のもつれだったんです。非常にショックでした。10万円でも人を殺す時代と言いますから、お金のトラブルには気をつけてください。   大切なのは、幸せに生き続けるための知恵を持つこと 色々と怖い話ばかりしてしまいましたが、私が今日一番話したかったのは、最近は政治もふくめて、世の中全体を見たときに、国民一人一人から、今まで当たり前のようにあった自由が…いつの間にか一つひとつ奪われようとしている時代だと感じます。そんな今、これから、どう自分自身や大切な人達の身を守っていくか、ということ。極端な話、こうやって集まってお酒飲んで楽しい話をしている所、そこに集まっている人たちを、今の政権と意見が合わないからというだけの理由で、正当な理由もなく捕まえられるような法律が、今まさに通ろうとしているように感じます(※)。 そんな時だからこそ、自分の目で正しい情報を見て選んでいかないと、ご自分の未来もそうだし、お子さんいらっしゃる方はお子さんの未来も守れないと思っています。だから自分なりの軸、智恵を持って、何が真実で大切なことなのか…今こそ、そしてこれからも、しっかりと情報を選び判断しながら生きていくことが大切だと思います・・・今後も、こうして皆さんと楽しいお酒を飲みながら人生を謳歌していければと心から思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。本日はありがとうございました。 注:本記事は、一弁護士の経験・見解に基づくものであり、すべての類似案件に必ずしも当てはまるものではありません。 ※編集部追記(2017年7月6日):犯罪を計画段階から処罰できるようにする「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的犯罪処罰法が6月15日午前、参院本会議で可決、成立しました。   福崎聖子氏プロフィール東京弁護士会所属弁護士。元日弁連理事、初代東京弁護士会新進活動委員会委員長、元法律相談センター副委員長等役職多数。多数の民事刑事少年事件ほか、一部上場会社役員等、企業法務も取り扱う。熊本市生まれ。上智大学卒業、途中ワシントン大学に一年間留学、東京大学大学院卒業。   福崎聖子先生と、FUMIKODA SALONにご参加いただいたみなさま    

続きを読む



5本に1本は偽物? ワインオークション詐欺事件の“真犯人”は誰なのか?(見分け方アリ)

2012年3月8日、FBIの捜査官たちは家宅捜査先であるカリフォルニア州アルカディアの豪邸で、驚くべき光景を目にしました。床には足の踏み場もないほどに散らばった空のワインボトル、テーブルにはヴィンテージ風に加工されたラベル、元のラベルを剥がしやすくするためキッチンのシンクにも無数のワインボトルが沈められています。その家は、ワインビジネスで成功した男性の住む場所のはずでした。しかしドアの向こうにあったのは、主の妄執を具現化したかのような贋作ワインの製造工場だったのです。そして、この事件を取り巻くあらゆる事物が、「貼り替えられたラベル」であることが明らかになっていきます。 この出来事は現在Netflixで配信されているドキュメンタリー映画『すっぱいブドウ』で詳細が語られています。ストーリーの中心となる人物は、ルディ・クリニアワンと名乗る中国系インドネシア人。1976年生まれで当時20代だった彼は、2000年代前半からワインオークションに足繁く出入りし、日本円に換算すると1000万円近くのワインを次々と落札して業界やメディアの話題をさらいます。2006年頃からは自身が所蔵するワインをオークションで販売するようになり、1回のオークションで2470万ドル(約27億円)の売り上げを記録したこともありました。その若さと財力、社交性も相まって、アメリカ西海岸のワイン愛好家のコミュニティに溶け込み、敏腕のディーラーとしてメディアにも多く登場するようになったルディですが、彼が人気を集めた要因はもうひとつありました。それは彼のブラインドテイスティングの能力です。『すっぱいブドウ』でインタビューに応じたルディの知人たちは、特にロマネ・コンティに関するブラインドテイスティングを特に高く評価していました。 はがされたラベルと汚染されたワイン市場 2005年、ワイン収集家であるビル・コッチはトーマス・ジェファーソンが所蔵していたとされる1787年産のワインが偽物であったことに気がつきました。彼はこのワインを50万ドル(約5548万円)で落札しています。それを機に、彼は所蔵する2万本近くのワインすべての鑑定を専門家に依頼。その結果ルディから購入したワイン211本の真贋が疑わしいという結果が出たのでした。それによってコッチはルディを提訴します。また2008年にはルディがオークションにドメーヌ・ポンソのクロ・サン・ドニの1945年〜1971年を出品したところ、その時期にはクロ・サン・ドニを製造していないことを当主であるローラン・ポンソ自らが指摘し、取り下げを要求しました。FBIも違法に資金を調達した疑いでルディを追っていました。捜査が進むにつれて、ルディの正体も明らかになっていきます。彼の本名はゼン・ワン・ホアン。インドネシア系の難民で、アメリカに渡航した後に永住権を獲得しようとしたものの失敗し、名前と身分を偽って違法に滞在している人物でした。1998年に渡米した際に発行されたという学生ビザも偽造されたものです。また、華やかな表向きの顔とは裏腹に、彼が多額の借金を抱えていることが明らかになりました。ワインだけではなく、彼の存在そのものが偽物だったわけです。そして2012年3月8日。ルディは身柄を確保され、2013年にニューヨークの裁判所で有罪が確定。40年の求刑に対して10年の実刑判決を受け、現在も服役中です。ルディの犯罪の精度を上げたのは、彼の味覚と嗅覚でした。ルディは本物のヴィンテージワインの香りや味と似たフレーバーの安物のヴィンテージワインとカリフォルニアワインを調合して贋作ワインの中身を作り、レーザープリントとゴム印で作られた偽物のラベルにもヴィンテージ加工を施しています。後にラベルをボトルに貼り付ける糊の成分が当時使用されているものではないなど、偽物である根拠が明らかになりましたが、ポンソの件で製造年代のミスをしなければ、事件の発覚がかなり遅れたと言われています。 いまだ市場に出回る贋作ワインは1万本、ではどう見分けるか? しかし、いまだにいくつもの問題が残ります。この事件によって市場に出回った贋作ワインのうち、500本は回収されて廃棄処分になりました。しかし現在もなお市場に出回っているものは1万本以上と言われており、もはや追跡不可能な状態です。これほどの量の贋作を果たしてルディ一人で作ることができたのでしょうか? 背後には犯罪組織の存在も示唆されています。しかし、現時点で報道されている限り、彼以外の人々に捜査の手が及ぶことはありませんでした。そして、何よりもの問題はこの事件が氷山の一角に過ぎないということです。中国に富裕層が増えるに連れて、ワインの需要も増え、その「需要」に応えるかのように贋作ワインも市場に多く出回るようになっています。   見分け方 Wall Street Journalは贋作ワインの見分け方を次のように紹介しています。 ラベルに不自然な点はないだろうか。たとえば、いかにも年代物のような擦り跡がインクで印刷された形跡がある、ラベルがコピー用紙のような素材であるなど。ラベルがボトルにしっかりくっついているものも注意が必要だ。古いボトルにはラベルを貼るのに使った糊の筋が見えることが多い。 贋作ワインのコルクは、その古さがラベルの古さと一致していないことがある。 販売されているヴィンテージワインのボトルの大きさは、その銘柄に存在するサイズだろうか? 2005年以前のボルドーやブルゴーニュのワインには本物であることを証明するホログラムやQRコードが施されていないので特に注意が必要だ。また、贋作ワインに多い年号は1945年、1961年、1982年、1989年である。 アジア、特に中国が販売元のワインは、ラベルの文字を注意して見ること。目立たない1文字だけ変わっていないだろうか? eBayにも不衛生な環境で詰め替えられた偽物が多く出回っているので注意が必要だ。 不自然に安いヴィンテージワインには注意した方がいい。「たとえば閉店セールなど、理に適った理由以外で安いワインは贋作であると疑ってかかったほうがいい」とコメントする専門家もいる。 より身近な所でいえば、ヤフオクやメルカリなど、誰がどのようなルートで入手したかが分からない所では買わず、信頼できるインポーターが輸入したワインを保存管理状態が良いお店から購入するのが最も安全です。また、2017年1月に凸版印刷はワインのコルクが引き抜かれた形跡や不正な穴開けを検知できるICタグ「CorkTag(コルクタグ)」を発表。2018年度にワインメーカー約50社で採用することを目標にしています。 詐欺に遭った人の多くはワイン収集を趣味にする高所得者で、飲むためというよりは骨董品をコレクションするようにオークションでワインを落札していました。また、ルディが当時のメディアでもてはやされたことで盲目的に彼を信用した人も少なくなかったようです。詐欺に遭わないために、またワインを本当に楽しむために最も大切なことは、ブランド名や販売主の知名度からワインを求めるのではなく、自分自身が味わう「おいしい!」という感覚を信じることなのかもしれません。収監されたルディは、裁判でこのような言葉を残したといいます。「私はワインを愛しすぎたがゆえに、事件を起こしてしまった」と。彼の愛した「ワイン」とは、歴史が培ってきた文化を味わうことや、そのおいしさを人と分かち合う時間だったのでしょうか。それとも、高級品に付加された華やかさや名声、金銭的な利益だったのでしょうか。それはマスコミからの取材に対して彼が沈黙を守り続ける今は知るよしがありませんが、彼が出所した後、明らかになるかもしれません。Source: Bloomberg, Wall Street Journal, RBB Today, 『すっぱいブドウ』

続きを読む



幻の日本ワイン「ドメーヌ・ミエ・イケノ」。池野美映さん自ら語る10年の軌跡

国産ブドウを使って国内で生産する「日本ワイン」の人気が高まり、世界最大規模のコンクールで初のプラチナ賞を受賞したり、海外の三ツ星レストランでも選ばれるようになり、世界でも高い評価を得ています。 八ヶ岳にある小規模なワイナリーのドメーヌ・ミエ・イケノは、売り出すとすぐに売り切れてしまう「幻のワイン」と言われ、今年4月にオープンした商業施設「GINZA SIX」の酒販店「IMADAYA GINZA」が、オープン記念にドメーヌ・ミエ・イケノのワイン約200本売り出した時も、即完売しました。 Mie Ikeno 2015 millésime Chardonnay, Pinot Noir, Merlot 出典:mieikeno.com   まずは土地探しから フランスで葡萄栽培、醸造学、微⽣物学、経営学などを学び、その後ブルゴーニュや南フランスなど各地の醸造所で経験を積んで帰国した美映さん。 心の中で大切に育ててきた”自分の手で育てたブドウでワインを造りたい”という思いを実現するため、長野や山梨を中心に土地を探します。 たどり着いた地は、耕作放棄地だった桑畑。絡まる桑の根を切りながらトラクターをかけ、野焼きをし土壌を整え、2007年に3,300本のブドウの苗木を植えました。支柱を立てるのだって、もちろん自分たちだけ。すべてが一から、すべてが手作りの畑。 ブドウの苗木も少しずつ育ち定着しはじめた2008年~2010年は、試験醸造の時代。 醸造場のある勝沼まで、毎日往復110キロ通い、一番邪魔にならない場所を借りて、隅っこの方で作業する日々。 ボトルにコルクを打ち込む打栓も1本1本手作業。「1000本ノックならぬ1000本打栓って感じでした(笑)ラベルも、もちろんオリジナルのデザインで手作業で貼っていました。」(美映さん) 出典:mieikeno.com   いよいよ醸造所の建設という時に 2011年、ブドウの樹も成長し、自分で製造できるだけの本数になったため、委託醸造からワイナリーの建設に踏み切った美映さん。時を同じくして、東日本大震災が起こりました。3月に地鎮祭をしたものの、その後臨界停電で電気が無くなり、労働力もすべて東北へ。人も、電気も、資材も無い中、何とか2~3か月遅れて建設が開始。それでも9月の収穫を目前にしても、まだあまり形にならず、絶望的な気持ちになったと当時を振り返ります。「醸造所はまだできていないのに、一方ブドウはヴェレゾン(ブドウの実が大きくなりどんどん色づくこと)を迎えてて。いつもはキレイだなって思ってるんですけど、この時だけはブドウが時限爆弾みたいに見えましたね。」(美映さん)9月の中旬に完成が見えてきて、いの一番にタンクの搬入を開始。最後は国税庁の認可。担当者が来る日は、まさかの大嵐!電車も途中で止まってしまい、駅まで迎えに行き無事OKをもらいました。「そんな2011年、まるでピアノ線の上を歩くような。そんな年でした。国税庁のOKを頂き、初めてここのワイナリー仕込みをした時は本当に嬉しくてしょうがなかったですね。」(美映さん) 出典:mieikeno.com   ピノ・ノワールとシャルドネに魅了されて 美映さんが、最初にピノ・ノワールを植えると言った時、同業者からは反対されたそうです。今でこそ日本各地でも植えられているピノは育てるのが難しい品種。周囲も親切心から「止めた方がいいよ」とアドバイスしたとのこと。「それでも私はブルゴーニュでピノとシャルドネに魅了されてしまい。”美味しいな”と琴線に触れるワインだったので。なので、どうしても自分でもピノとシャルドネをやりたいなと思ったんです。」(美映さん)   自分の中でベストだと思うことを積み重ねた10年 周りの心配をありがたく思いつつも、自分の信じる道を進んだ美映さん。「結果はどうなるかはホント神のみぞ知る、勝算がある訳でも無かったんですが、自分がいいと思う事は全てやりました。今このタイミングで何をしたらいいか、自分の考えの中でベストな事を毎日積み重ねた10年です。」(美映さん)帰り際、美映さんに挨拶をした時、「なんでこの土地を選んだのですか?」と尋ねたところ、笑顔でこんな返事が返ってきました。「だって、キレイじゃないですか景色が!この景色を見ながら仕事をしたら精神的にも良さそうだし、そんな気持ちがきっとワインの味にも出るんじゃないかと」八ヶ岳の美しい自然と、美映さんのピュアでやさしく、でも芯がしっかりとした強い思い。ドメーヌ・ミエ・イケノのワインのおいしさのヒミツはここにあるのかもしれません。 元記事:今日もワイン部 ドメーヌ・ミエ・イケノ【10周年記念 猫の葡萄会】レポート

続きを読む


JOURNEY to FUMIKODA WORLD

EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD