FUMIKODAの最先端素材と合成皮革の違い

FUMIKODA STORY

“High Fashion, Zero Cruelty(ファッションに犠牲は必要ない)”をコンセプトのひとつに掲げるFUMIKODAのバッグには、動物の皮革を一切使用していません。
その代わりに使用しているのがリアルレザーの品質を凌駕する日本製の最先端マテリアルです。

FUMIKODAで使用している素材は、PVC(塩ビ)や合成皮革とは全く異なるエレガントでゴージャスな質感と、10年経っても劣化しづらい動物皮革に勝る強い耐久性を両立した高級素材です。

高級車のレザーシートとしても採用されている国産の最先端マテリアル(人工皮革)に、ハイブランドに相応しいオリジナル加工を施し、日本の革職人によってひとつひとつ丁寧に製鞄されているのがFUMIKODAのバッグです。

FUMIKODA,人工皮革,素材

 

最先端マテリアル(人工皮革) VS 合成皮革

FUMIKODAのバッグに使用している最先端マテリアル(人工皮革)とは、動物皮革の機能と構造を人工的に再現したものです。
コラーゲン繊維構造によく似た三次元極細不織布に樹脂を絡ませたものをベースとしており、表面にポリウレタンを染み込ませた合成樹脂を塗ることでより動物皮革に近い風合いに仕上げることができます。

対して合成皮革は、布地をベースにポリウレタン樹脂や塩化ビニールなどの合成樹脂を塗って加工することによって、表面層のみを動物皮革に似せた人工素材です。
「プラスチック製」や「ビニール製」のため耐久性が乏しく、加工を施しても動物皮革の手触りを再現することは難しいのが現状です。

塩ビ(PVC)、合成皮革、人工皮革の断面は、図のように比較できます。
人工皮革の下層となる部分には、天然皮革のコラーゲン繊維構造に似た不織布が使用されています。

FUMIKODA,人工皮革,素材

最先端マテリアル「人工皮革」のメリット

海外では人工的に製造されたレザーはすべて「合成皮革(synthetic leather)」と呼ばれており、人工皮革が区別されることはありません。
日本ではそのそれぞれの特性を区別して使用されるため、「合成皮革」、「人工皮革」と区分されています。

FUMIKODAのバッグで使用している日本製の素材は、天然の革により近い風合いを持った素材です。
また本革同様に「漉き」や「コバ塗り」などの処理も施せるため、出来上がった製品の印象からはほとんど本革と見分けがつきません。その上本革にはない伸縮 性があり、よりバリエーション豊かな製品をプロデュースできるのもFUMIKODAの最先端マテリアルの大きなメリットです。

保存保存保存
  • 2017.07.06

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD