もしかしてあのバッグは…?人気ドラマに登場したお仕事バッグ「ARIANNA」

FUMIKODA STORY

TBSドラマ「日曜劇場 半沢直樹」に、存在感のあるキーマンとして登場した政治家役の江口のりこさんが話題になっています。

第4話の終盤にホワイトスーツ姿で颯爽と車から降り立った彼女が手にしていたのは、なんと黒のARIANNA。「まさか、FUMIKODAバッグが半沢直樹に…?」と、驚かれた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

ARIANNA:ショルダーバッグ
(ブラック、ブラックパイソン)
128,000円



人気ドラマだけあって放映後の反響は大きく、FUMIKODAのお客様をはじめ沢山の方からバッグについてのお問い合わせが相次ぎました。その後、第5話、第6話にもARIANNAが映るシーンが登場しています。(「日曜劇場 半沢直樹」フォトギャラリーはこちらです。)

ドラマでは主人公、半沢直樹の敵役として登場する「政治家・白井亜希子」ですが、自らの仕事に対して高い志を抱き、銀行の重役たちの前で堂々と立ち振る舞うその姿に、お仕事女性としてシンパシーを感じた方も多いのではないでしょうか。

ARIANNAは、自身もキャリア女性であるデザイナーの幸田フミが、日々仕事に邁進する女性達をエンカレッジできるように、機能やデザインにとことんこだわってプロデュースしたビジネスバッグです。

実は、軽さや耐水性、持ちやすさなどの機能面以外にも、働く女性の勝負バッグとして重視したポイントが3つあるのでご紹介いたします。

 

1.モードではない、ベーシックなデザイン

ファッションとトレンドは相容れない関係ですが、ARIANNAは日々移ろいゆく流行を追うことなく、時代やシーンを選ばずに長くお使いいただける仕事の「ツール」というスタンスで開発しました。

どんなビジネスシーンにも適応するベーシックなデザインですが、バッグのボディ(本体)、フラップカバー、タッセルチャームをお選びいただき、自分らしい組み合わせにカスタマイズしていただくことができます。

ARIANNAほか、バッグをカスタマイズできる「MY FUMIKODA」はこちら

 

2.「メイドインジャパン」のメッセージ

生地や縫製、金具類もすべて日本製にこだわって生産しているFUMIKODAのバッグ。中でも日本の工芸品を使用したARIANNAのアクセサリーパーツは、さりげなく日本の美意識を主張しています。


富山県の伝統工芸「高岡銅器」オリイブルー
ARIANNA:ショルダーバッグ (ホワイト、ホワイト×高岡銅器)¥148,000(+税)

 

福井県鯖江の高級眼鏡フレーム素材「コットンセルロース」
ARIANNA:ショルダーバッグ (ブラック、ブラックパイソン)¥128,000(+税)

 

3.会食にも相応しい佇まい

ビジネスバッグでありながらエレガントさを兼ね備えたARIANNAは、仕事や会議が終わったあとそのまま会食に出席しなければならない時でも、ダイニングで浮いたりしません。

シーンによって少し華やかさを添えたい時には、フラップカバーを着せ替えていただくことも可能です。

ARIANNA(ホワイト)+高岡銅器ブラックのフラップカバー

 

☆☆☆☆


ARIANNAのこだわりポイント、いかがでしたでしょうか?
ドラマ「半沢直樹」をきっかけにFUMIKODAを知っていただいた方にも、お仕事バッグARIANNAの魅力が伝わりますように。 

ARIANNAはこちら

 


  • 2020.08.28

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD