チャリティオークション「SMART WOMAN BACKUP PROGRAM 〜未来のIT女子を育てよう〜」 レポート

EVENT

2017年9月4日、窓から見える高層ビルの光がきらめく新丸ビル内の「丸の内ハウス」にて、FUMIKODA主催によるチャリティーオークション 「SMART WOMAN BACKUP PROGRAM 〜未来のIT女子を育てよう〜」を開催いたしました。

FUMIKODA チャリティーオークション

FUMIKODA チャリティーオークション

会場には仕事帰りの方からドレスアップした方までさまざま。女性が多く、社会的な課題への関心の高さがうかがえました。

FUMIKODA チャリティーオークション

FUMIKODA チャリティーオークション

華やかな会場を一層彩るのは、目にも舌にも美味しいフィンガーフード。

FUMIKODA チャリティーオークション

ウェルカムドリンクはDuval-Leroy(デュヴァル=ルロワ)のシャンパン。FUMIKODAのイベント時には、いつもこちらのシャンパンをお出ししています。作り手が女性であるDuval-Leroyは、フローラル系の優しくも芳しい香りが口いっぱいにひろがり、贅沢な時間を演出してくれます。

FUMIKODA チャリティーオークション

この日はDuval-Leroyアンバサダーを務めるアンソニー・ドゥヴィッレ夫妻が駆けつけ、乾杯の音頭を取ってくださいました。

FUMIKODA チャリティーオークション

まずは幸田よりご挨拶とともにオークションの趣旨をお伝えしました。現在日本では約3万人の児童が、児童養護施設で暮らしています。そこで育った児童の多くは18歳で施設を出て就職しますが、その先がみんな順風満帆というわけではありません。仕事をしても長く続かなかったり、特に女の子の場合は、生活のためにやむなく風俗で働くことを選択したり、若くして望まない妊娠・出産につながるケースもあります。

児童養護施設が抱えるそんな問題を少しでも解決に導くため、FUMIKODAは今回のオークションを開催するに至りました。ITスキルを身につけるためのプログラミングスクール「Life is Tech」が主催するITキャンプに、児童養護施設の女の子たちが参加する費用として寄付いたします。

会場も温まったところで、本日のメインイベント、オークションが始まります。ずらりと並ぶのは、経営者やアーティストの女性から提供いただいた、素敵なアイテムの数々。

FUMIKODA チャリティーオークション

 

チャリティーオークション出品者

 

  • 木佐彩子さん(フリーアナウンサー)>>
  • 白木夏子さん(株式会社HASUNA 代表取締役)>>
  • スプツニ子!さん(現代アーティスト)>>
  • 高橋ゆきさん(株式会社ベアーズ 取締役副社長)>>
  • 西川有加子さん(昭和西川株式会社 常務取締役)>>
  • 林民子さん(NPOソーシャルコンシェルジュ 代表)>>
  • 一青窈さん(歌手)>>
  • 松尾知枝さん(株式会社インプレシャス 代表取締役)>>
  • 山田メユミさん(株式会社アイスタイル 取締役CQO)>>
  • 渡瀬ひろみさん(株式会社アーレア 代表取締役)>>
  • 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル >>
  • ハリウッド化粧品 >>
  • nikissimo >>
  • カフェ・カンパニー >>
  • FUMIKODA >>

 

 

みなさんは、ライブオークションというものに参加したことはありますか? Webサービスでのオークションを体験した人は多いかもしれませんが、ライブの白熱っぷりは凄まじいもの。みなさんがどんどん手を上げて、値段が上がっていく様子は、端から見ていても興奮するシーンです。 また、今回はチャリティーということもあり、出品者のみなさんからも、参加者のみなさんからも暖かい気持ちが溢れるオークションとなりました。

FUMIKODA チャリティーオークション

FUMIKODA チャリティーオークション

落札者のみなさん、おめでとうございます!

 

 

そしてライブオークションのラストには、FUMIKODAから高岡銅器をあしらったクラッチバックIKULA(高岡銅器バージョン:黒)を出品させていただきました。

FUMIKODA 高岡銅器 クラッチバッグ IKULA

クラッチバッグ「IKUKA」黒 高岡銅器スペシャルバージョン 
白色やその他「IKULA」のラインナップはこちら

 

 

高岡銅器は大根、糠、米酢、日本酒などの天然素材を使用し、化学反応により銅を色付けする伝統技法により、一点一点模様の違うターゴイズブルーの金属を生み出します。

FUMIKODA チャリティーオークション

高岡銅器を製造する「momentum factory Orii」の折井宏司氏もこのために東京まで駆けつけてくれました

 

FUMIKODA チャリティーオークション

上品できりりとした表情を見せてくれるこちらのバッグ、実は今回のためだけに製作しており、世界にたったふたつしかない(もうひとつは折井さんの奥様がお持ちです)激レアアイテムなんです! スタートした瞬間、会場には入札の手があちこちから上がります。

FUMIKODA チャリティーオークション

FUMIKODA チャリティーオークション

オークションは大盛り上がりで、9万円で落札いただきました。多くの人の特別な想いの詰まったIKULAがこのような形でお客様の元に届いてうれしい限りです。

FUMIKODA チャリティーオークション

FUMIKODA チャリティーオークション

さて、ライブオークションの後は、サイレントオークションの開票に移ります。サイレントオークションとは、落札希望価格を入札ボックスに入れ、その中で一番高値で入札された方が落札者となるオークションシステムです。参加者の皆さんもアイテムに興味津々。

FUMIKODA チャリティーオークション

こうして無事に16点のオークションが終了。目標金額30万円に対して、計68万円の入札をいただきました。今回行ったチャリティーオークションの売り上げはすべて、NPO「BLUE FOR JAPAN」を通じて、児童養護施設の女児たちがITキャンプに参加する費用として寄付いたします。 ITスキルはひとつの武器。今回のオークションによる寄付金で、児童養護施設の女児たちの未来の選択肢が、少しでも増えますように!

 

Writer: AYUMI YAGI


  • 2017.09.14

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD