もうスマホはいらない? アマゾンのAI搭載スピーカーは、こんなに便利

SMART DIGITAL

アップルのSiriやマイクロソフトのCortana(コルタナ)など、最近のコンピューターやスマートフォンの多くには何らかの人工知能(AI)が搭載されています。現在ハイテク企業各社が競うようにAIを開発していますが、近頃海外で急速に存在感を見せているのが、アマゾンから発売されているスピーカー型の音声アシスタント端末Amazon Echo(以下Echo)です。

検索や入力は話しかけるだけでOK

Echoはアマゾンが開発したAI「Alexa(アレクサ)」を搭載し、音声で対話できます。Wi-Fi経由でネットにつながっており、「今日の天気は?」「ニュース速報を教えて」といった質問に答えてくれたり、音声コマンドでSpotifyなどの音楽アプリやPrime Music上の曲を再生してくれたりします。アマゾンのサイトでの買い物も、Echoを使えば音声だけでできます。2014年11月にアメリカで発売されたEchoは、2016年の年末商戦前の時点で累計1100万台以上売れたと報道されています。日本ではまだ発売されていませんが、2017年内には上陸するのではないかと予想されています

Echoに搭載されているAlexaはスマホやパソコンで言えばOSのような位置づけです。「スキル」と呼ばれるアマゾン以外の企業が自社に合わせて開発したアプリをEchoに追加することで様々な機能を使うことができます。すでに今の時点で、照明をコントロールしたり、ピザを注文したり、Uberを呼んだりといった1万5000ほどのスキルがリリースされています。

私も自宅でEchoを使っているのですが、いつでも声だけで操作できることがとても便利です。たとえば食事の支度中にBGMが欲しくなったとき、スマートフォンだと自分がスマートフォンのある場所まで移動する必要があるし、手が汚れていたら洗わなくてはいけません。でもEchoなら、声で「Play 80s Music(80年代音楽をかけて)」と言うだけでいいのです。

各社が音声アシスタント端末を発表、あなたはどれを選ぶ?

homepod-white-shelf

そんなEchoには、すでにいくつかのバリエーションがあります。


  • 2017.07.06
  • Topic:
  • SMART DIGITAL

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD