デビュー2周年を迎えて。:FUMITALK

FUMITALK

こんにちは、幸田フミです。

初秋を迎えたパリではパリコレがスタートするとともに、各地でファッション展示会が開催され、世界中のブランドが春夏コレクションを発表しています。

FUMIKODAがデビューしたのは今からちょうど2年前、セーヌ川のほとりで開催されたトラノイ(TRANOÏ)の展示会場でした。

 

☆☆☆☆☆

 

Q. どうしてパリでデビューしたのですか?

はじめてのお披露目にパリを選んだのは、メイド・イン・ジャパンブランドの「FUMIKODA」を将来グローバルブランドに育てたかったからです。

海外の街を歩いていると、高級ブランド街に軒を連ねているのは欧米のブランドばかり。ものづくりの国ニッポンが生んだ「メイド・イン・ジャパンブランド」が、どうしてグローバルブランドになり得ないのかと、ずっと悔しさを感じていました。

ブランドを立ち上げるのなら国外でも評価されるブランドに成長させ、いずれはパリやニューヨークのブランド街で海外ブランドと肩を並べたい。そんな思いでFUMIKODAはパリからスタートしようと試みたのです。

まだ実績のない日本のブランドがパリのファッション展示会に出展するのは至難の業でしたが、どうにか選考に通り、トラノイの小さなブースでFUMIKODAはデビューすることができました。


Q. パリでの手応えはどうでしたか?

動物の革を一切使わないヴィーガン製品、そして信頼のおけるジャパン・ブランドということで、特にヨーロッパのバイヤーに注目してもらえました。

しかし、多くのバイヤーが商品に求めているのはトレンドです。FUMIKODAは「バッグ」というファッションアイテムをプロデュースしていますが、ビジネスシーンでの機能性と実用性を追求した、いわばお仕事ツールです。トレンドに左右される「ファッション・ブランド」という位置づけにどことなく違和感を感じました。

女性のための「ビジネスツール・ブランド」として新しい価値を提案し、これまでになかったブランドのポジションを築きたい。
パリでのデビューは、そんな風に決意を新たにするきっかけになりました。その思いは今でも変わっていません。


Q. 2周年を迎えて、当時と何が変わりましたか?

デビューからの2年間は、文字通りあっという間でした。
「グローバルブランドを育てたい」という思いを抱き続けながらも、すぐれた技術力を誇るメーカーさんとの関係づくりや、クオリティの高い製品を提供し続けるための体制の整備など、実際は「日本のものづくり」というFUMIKODAの基軸となる部分をしっかり安定させることに精一杯でした。

そんな当たり前のことに取り組んできた結果、都内のみならず関西の百貨店でもFUMIKODA製品をお取り扱いいただくようになり、オンラインブティックでは全国各地からご注文をいただいています。
この2年で少しずつブランドの認知が高まるとともに、私たちチームの成長も感じています。


☆☆☆☆☆

 

気がつけば今年もパリコレが開幕していました。出来上がったばかりのファーストサンプルを、いくつものスーツケースに詰めこんでパリに飛び立った2年前のことを思い出します。

その頃はまったくの無名だったFUMIKODAが、今では雑誌や新聞で紹介していただいたり、百貨店で取り扱っていただいたりしているおかげで、メイド・イン・ジャパンのビジネスツール・ブランドとして知ってくださる方が増えつつあり、感謝しています。

いつかグローバル・ブランドとなり、海外の街角で見かけてもらえるように、これからもFUMIKODAを育てていきたいと思っています。

 

FUMIKODA クリエイティブディレクター
幸田フミ


  • 2018.10.17

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD