洗練を極めた多機能ショルダーバッグ「EDDY」「FELIX」の魅力

FUMIKODA STORY

バッグはその日のコーディネートを締めくくる、重要な役割を持つアイテム。同じ装いでもバッグのセレクトひとつで、エレガントにもスマートカジュアルにもスポーティにも、印象を大きく変えてくれる心強い存在です。それだけに、シーンに合わせたバッグの使い分けに自分なりのルールを持っている人も多いのでは。
ところが、リモートワークの普及や会食の減少といったライフスタイルの大きな変化とともに、オンオフのボーダレス化が進み、外出の楽しみ方が様変わりした結果、バッグに求められる条件も急激に変化しています。

☆☆☆

FUMIKODAの新しい顔、「EDDY(エディ)」と「FELIX(フェリックス)」は、ニューノーマル時代の生活様式とニーズをいち早く先取りした、多機能ショルダーバッグです。3,000人以上のユーザーを対象に実施したアンケートを元に生まれたデザインは、エフォートレスでジェンダーレスな親しみやすさに富み、まさに世相を反映したコンパクトなスタイルとなっています。

最大のポイントは「多機能」

EDDYとFELIXの最大のポイントは、バッグインバッグやクラッチバッグにもなる多機能タイプ展開。EDDYは3way、FELIXは4wayと、さまざまなスタイルでお楽しみいただけます。

FELIX:4wayミニショルダーバッグ

EDDY:3wayマルチショルダーバッグ

 

ミニマルが長らくトレンドの主流となっていますが、サスティナブルファッションを愛好する方やエグゼクティブビジネスパーソンに高い支持を得ているFUMIKODAにとっては、ミニマルであっても収納力と機能性、カジュアルすぎない適度な高級感、流行にとらわれないタイムレスなシルエットなども併せ持ったプロダクトであることが、譲れない条件でした。

この欲張りで困難なミッションの答えが、EDDYとFELIXには詰まっています。マチなしのスリムなボディで、余計なものを削ぎ落としたシンプルな構造ながらハイクラス感が際立つのは、FUMIKODAのアイデンティティの一つともいえる、素材の力があるから。エシカルでサスティナブルなヴィーガンレザーは、FUMIKODAが模索してたどり着いた唯一無二の人工皮革。天然皮革を上回るきめ細やかさと強度、一般の人工皮革には見られない艷やかなテクスチャーを実現しました。持つ人を美しく見せ、洗練された大人のムードを演出する「FUMIKODAレザー」が、スマートコンフォートの体現に一役買っています。

マルチな用途で使える「EDDY」

EDDYは13インチまでのノートパソコンやA4サイズの書類を収納できる、少し大きめサイズ。ストラップを外せば、クラッチバッグやバッグインバッグとしてお使いになることもできます。

お客様から多数寄せられていた「トートバッグ『ALEX』や2wayリュック『BILLY』のバッグインバッグとして使いたい」というご要望にお応えすべく、特にバッグインバッグとしてのご使用を想定し、軽さ(超軽量240g)と内ポケットの装着(リサイクルナイロン100%)を両立しました。

EDDY:3wayマルチショルダーバッグ

 

ワンマイルのお出かけに最適な「FELIX」

少し小さめサイズのFELIXは、スマートフォンや財布、マスク、カギなど携行品の収納にちょうどいいミニショルダーバッグ。ワンマイル内のお出かけや、バッグ2個持ち派の方にも最適です。

長さが異なる2本のストラップ付きで、ロングストラップを付ければ斜め掛けバッグに、ショートストラップを付ければ、脇にフィットするスタイルに。


スリムなデザインゆえ、お手持ちのバッグのハンドルにぶら下げて、サブバッグ的に使っても収まりがよく便利です。115gと超軽量なので、バッグインバッグとしても軽くて優秀です。


実はサコッシュやミニバッグは、スタイリッシュに持ち歩くのが難しいアイテムです。特にビジネスシーンではなおさらのこと。これまで気にはなっていても手を出せなかった、という方もいらっしゃるかもしれません。でもEDDYとFELIXなら心配無用。性別や体型、ファッションやシーンに関わらず見栄え良く持っていただけるよう、考え抜いたデザインと自負しています。

 

FELIX:4wayミニショルダーバッグ

 

☆☆☆

いかがでしたでしょうか?FUMIKODAのダイバーシティ・コレクション、ALEX、BILLY、DANNYとの相性も抜群です。お気に入りの色でお気に入りの使い方を、是非お試しください。

 

 


  • 2021.06.25

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD