軽くて持ちやすいショルダーバッグ「MALLA」は、持つ人の素の美しさを引き出してくれる

FUMIKODA STORY

MALLAは持つ人の素の美しさを引き出してくれる

フラップ付きのショルダーバッグMALLAを手にした時、「さて、どうしようかな」と少し考えました。というのも、日頃からカジュアルな服装でいる日の方が多い私にとって、MALLAのフォルムは少々上品すぎるように思えたのです。

クローゼットから、あれやこれやと色々な服を出しては着て、バッグと合わせて試してみます。そして、最終的に一番しっくりきたのは、よそゆきのワンピースではなく、デニムとホワイトのリネンシャツに合わせたスタイルでした。少し袖をまくって着崩し、時計をつけた後、軽めのゴールドのネックレスを首元に。ヒールをはいてMALLAを持って鏡の前に立つ。

「ああ、そういうことか」と腑に落ちました。なぜなら、そのコーディネートは、ごく若い時からずっとしていたものだからです。現場仕事の多いマスコミという仕事柄、スーツではなく多少カジュアルなスタイルの方が場にふさわしいこともあり、平日でもこのようなコーディネートが多かったように思います。

「流行は変化していくもの。だけどスタイルは永遠」というフレーズは、ココ・シャネルの名言として知られています。デニムやシャツは流行によって、少しずつフォルムが変わり続けるものですが、シンプルで動きやすいスタイルはすでに私にとって普遍的なものとなりつつありました。そして、それを最新の形にアップデートしてくれたのがMALLAだったのです。きっとシャープなスーツスタイルで仕事をすることが多い方、コンサバティブなファッションがライフスタイルとして身についている方にとっても、同じような発見があるではないでしょうか。

フォルムの美しさと機能が両立したバッグ

実際に使ってみると、機能面においても、しっかりと工夫がされています。ストラップはチェーンの長さを7段階に調整できます。そのため、エレガントなコーディネートではハンドバッグとして、カジュアルなスタイルの時は斜めがけのショルダーバッグとしても使い分けることができます。

フラップカバーは5つのスナップで簡単に着け外しができます。ARIANNATALAのフラップカバーを外して使用したり、HANNAを追加で購入すれば、季節やコーディネートに合わせたカラーを楽しむことができるでしょう。

MALLA ストラップとフラップカバー

7段階に調整できるストラップと、簡単に取り替え可能なフラップカバー

 

チェーンストラップを伸ばせば、斜めがけも

 

そして何と言っても便利なのが、11センチというマチの広さです。縦19.5×横30のサイズはノート型パソコンを入れるには少々サイズが小さいのですが、タブレットや大きめのダイアリー、財布やスマホ、そして今の季節何かと邪魔になりがちな屋内で羽織るカーディガンやストールを入れるには十分の容量です。内部にはファスナー付きのものもふくめて、合計3つのポケットがあるので、細かい備品を整理するにも困りません。

MALLA

MALLA

クリエイティブディレクターの幸田フミもカジュアルなコーディネートで持ってみました

 

MALLAのラインナップはこちらから

 

Writer: Mirei TAKAHASHI


  • 2018.07.03

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD