スタイルに合わせて変幻自在、あなたを自由にするクラッチバッグTALA

FUMIKODA STORY

パーティーシーンでも使えて、季節感もほしい。アクセサリーのように小脇に抱えたいけど、ずっと抱えてるのも大変だから、肩掛けもできて…。バッグひとつとはいえ、ああだったらいいのに、こうだったらいいのにという想いをお持ちの方はきっと多いはず。

その願いを全部叶えるバッグ。それが今回紹介するTALAです。クラッチになったりショルダーになったりすることはきっと想像がつくでしょうが、伝えたいTALAのポイントはそこだけではありません。

小さなボディに詰まった、たくさんの機能美

TALAの縦横比は2:1(27×14cm)。コンパクトで細長い長方形のシルエットには、これでもかと言うほどのこだわりが詰まっています。お伝えしたいことがいくつもありますが、まずは、FUMIKODAのお仕事バッグをすでに愛用してくれている方におすすめしたい機能から。こちらのカバーにご注目ください。

TALA ARIANNA カバー取り外し

お気づきでしょうか? そう、TALAのフラップはショルダーバッグのARIANNAと同じ型なので、相互で付け替えることが可能なんです。つまり、お手持ちのTALAARIANNAが増えれば増えるほど、組み合わせのバリエーションがどんどん増えるのです。

また今回「HANNA」という名称でフラップのみの販売も開始しました。お手持ちのバッグが1つでも、フラップを変えるだけでその日の気分やコーディネートに合わせることができます。

また、TALAそのものもシーンに合わせて多彩な使い方ができます。 

TALA クラッチバッグ
ある時はスタンダードなクラッチバッグとして。
TALA クラッチバッグ
付属のチェーンストラップを付ければショルダーバッグに!
TALA クラッチバッグ
別売りのタッセルチャームLINDAを付ければ、バッグの表情も一変します。

 

また、クラッチバッグでよくある悩みが、「お財布が入らない」ということ。とは言っても、お財布が入る基準でバッグを選び始めると、どんどんバッグが大きくなってしまってクラッチどころではない、ということも…。

TALAは、バッグそのものを財布としても使えるように設計されています。カードの仕切りも付いているので、バッグの中身もすっきり。奥行きは5cmあるので、外観のイメージよりも、たくさんの物が入りますよ。もちろん、荷物による型崩れの心配はご無用です。

TALA クラッチバッグ

とても便利で、あちこちで見かけるようになったお財布ポシェットですが、市販のものの多くがカジュアルすぎるとお悩みの方にこそ使ってほしい。TALAで上質感と便利さの両方を叶えましょう。

豊富なテクスチャとカラーに目移り、あなたはどれにする?

さて、いろんな表情を見せてくれるTALAのおすすめポイントをお伝えしてきました。どれにしようか悩んでいる方がいれば嬉しい限りですが、そんなあなたをさらなる嬉しい悩みに誘うのが、TALAのこの豊富なラインナップ!

TALA Sabae-Clear:クラッチバッグ(BE_BKSN)
HANNA Sabae-Clear:フラップカバー(BKSN)

鯖江の職人によるべっ甲調のアクセサリーがきりっと引き締めてくれるデザイン。

 

TALA Takaoka-Douki:クラッチバッグ (WH_WH)
HANNA Takaoka-Douki:フラップカバー(WH)

高岡銅器によるターゴイズカラーの金属が特別感を演出。

TALA Smart-Fur:クラッチバッグ(WH_WHFR)
HANNA Smart-Fur:フラップカバー(WHFR)

これからの季節にぴったりなファー素材のクラッチバッグ。

LISA Smart-Fur:チェーンストラップ(IVFR)

TALA Smart-Furと同素材のファーストラップ、LISA。上品な肌触りで冬の装いに華やかさをプラスしてくれます。

 

同じ型にもかかわらず、印象がそれぞれ全然違いますよね。オンラインショップにはこれ以外にもまだまだたくさんの素材・カラーが揃っています。カバーを付け替えて、通常にはない組み合わせで楽しむのもまた一興。TALAは、オンもオフも問わず一緒に過ごせる相棒バッグをお探しの方にこそ使って欲しいバッグです。

この他にもシーズンアイテムや、数量限定品などもありますから、ぜひオンラインショップをこまめにチェックしてくださいね。

Source:FUMIKODA

Writer:AYUMI YAGI


  • 2017.10.30

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD