スーツも自宅で洗えるマレーラ「ART.365」:スタイリスト河井真奈が提案するアップグレードファッションvol.02

FASHION

まだまだ、暑い日が続きますが汗をかいた仕事着の洗濯はどのようにされていますか? いくらクールビズと言っても、ビジネスシーンでのカジュアルダウンは印象を損ねる可能性があります。

私は4年前、ドイツの「ミーレ」というプレミアム家電ブランドと1年間コーポレートパートナーを結び、洗濯機の普及活動をした経験があります。あのスティーブ・ジョブズも愛したと言われているミーレの洗濯機は、素材や汚れに応じて最適な洗濯をするためのメニューが豊富なのです。

それからというもの、ほとんどのアイテムをクリーニングに出さず、洗濯機で洗っています。 だって、石油で汚れを落とすより水やお湯で汗を洗い流す方が気持ちがいいでしょう。それに、水溶性の汚れは水でないと洗い流すことができません。クリーニングは油性の汚れを落とすもので、汗はなかなか落ちにくいのです。

夏は頻繁に服を洗いたいですよね。クリーニングは手間と費用がかさむので、できれば洗濯機で。今回、そんな私たちの悩みを解消してくれるプロジェクトをご紹介しましょう。それはイタリアブランドのMARELLA(マレーラ)が、現代を生きるポジティブな女性に向けて2014年からスタートした「ART.365」です。「ART.365」の365とは、365日シーズンレスで着回すことができるということ。毎シーズン、ブラック、ホワイトカラーの多用途なアイテムが発表され、それらがすべて、洗えて、しわになりにくい素材だけで構成されているのが特徴です。

ベーシックを基本にしながらトレンド感をアップデートしているので、あらゆるシーンに合わせて組み合わせを自由にミックスできます。

マレーラジャケット

一つボタンのベーシックな長め丈のジャケットはお揃いのパンツと合わせてスーツにもなりますが、ワンピースやスカートスタイルで全く違う印象にコーディネートが可能です。荷物少なめの出張にもこのジャケット一つで、着回すことができます。ちょっと長めの滞在先では、現地で洗濯もできます。休日には袖を二つほど折り返し、ぐしゅぐしゅとまくってデニムと合わせてみるのもいいでしょう。

すぐに汚れてしまうのが悩みの白いブラウスも、洗濯して干しておくだけでお手入れができます。ボウのリボンも取り外しが可能なので、2つの表情が楽しめます。最近のファッションは素材への追及が盛んでさまざまな素材をミックスして織り込んだ美しいものが多いけれど、クリーニング店も困るほど複雑なものが多いのも現実です。

「ART.365」をワードローブに加えると、洗えるって凄い、しわになりにくいって凄い、と実感するはずです。ただ便利なだけでなく、内面からの心地よさと、しわのない美しいシルエットを着こなす外見の美しさの両方が叶えられ、ストレスフリーとなるでしょう。

ビジネスシーンにおいては、知性はもちろんのこと、清潔感も大切です。どんなに美しくメイクをしていても、意外と人は服装をチェックしているものです。さりげないトレンド感と清潔感、意識してみてください。

ジャケット(黒):48,000円
ノースリーブブラウス(オフホワイト・ボウつき):25,000円
パンツ(黒):25,000円
以上すべてMARELLA(三喜商事)
撮影/松谷靖之、スタイリスト/河井真奈

 


河井真奈

スタイリスト 河井 真奈(かわい・まな)


青山学院女子短期大学卒業後、映画会社に入社の後、フリーランスのスタイリストとなる。1991年、ビジネス・コンサルタントの夫と共に株式会社インターラクトを設立。同社取締役に就任。90年代は『Oggi』、『Domani』、『FRau』等、20~30代のOL向け女性誌の創刊に携わる。『25ans』、『ミス家庭画報』、『マリ・クレール』他11誌のレギュラーを持ち、日本で一番多忙なスタイリストと称される。2000年代以降は、『Grazia』を中心に『家庭画報』『婦人画報』『CREA Traveller』等、大人のラグジュアリー層向けの仕事に専念。百貨店やセレクトショップの顧客向けアドバイザー、ファッショングッズの商品デザイン、トークショー、女優のスタイリングなど様々な分野で活動する。2016年8月、ギフトに特化したサイト「futo」をローンチ。2017年よりジュピターショップチャンネル内にてMana Kawaiブランドの商品を販売。 仕事をする上でのポリシーは「その時代に必要なものは何か?」「その時代が求めているものは何か?」を考えること。 一般の人でもわかりやすいようにトレンドを噛み砕いて紹介できるように心がけ、直に今の気分を伝えられる仕事が中心になっている。著書は『絶対 美人アイテム100』(文藝春秋/2011年)、『服を整理すれば、部屋の8割は片付く』(立東舎/2016年)

公式ブログ:スタイリスト河井真奈のお気に入り
Instagram:kawaimana78
futo – ふと思う人へ。ギフトの贈り方が見つかるwebサイト


  • 2017.08.04
  • Topic:
  • FASHION

  • JOURNEY to FUMIKODA WORLD

    EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD