ETHICAL LIFE



あなたが切った髪が誰かを笑顔にする「ヘアドネーション」という選択

長く伸ばしていたロングヘアを短く切ってイメージチェンジをする時に、バッサリ切り落とした髪の毛を何かに使えないかと思うことはありませんか? 実はその髪の毛は、がん治療の子ども達が使うウィッグにできるんです。 NPO法人JHD&Cは、寄付された髪のみで作ったメディカル・ウィッグを、抗がん剤...

続きを読む



“Runway for Hope”ファッションの力で難民に希望の灯をともしたい !

「革命が起きたとき、私はまだ10歳だった」――。 1979年のイラン革命、その翌年に勃発したイラン・イラク戦争で難民となり、過酷な少年時代を過ごしたSena Omid Vafaさん。その後、国連UNHCR協会の助けによりカナダに移住し、さまざまな大学で研鑽を積んだ彼は、ビジネスマンとして活躍し...

続きを読む



サスティナブルな暮らしのために 「電力」もエシカルな視点で選べる時代へ

電力自由化でエシカルな選択が可能に  食べものや着るものと同じように、私たちの生活に欠かすことのできない「電気」。これほど身近で、毎日その恩恵を受けているにもかかわらず、電気がどのように作られ、どのように私たちの元に届くのかについて、私たちが意識することはほとんどありません。 世界中で環境意識...

続きを読む



そのシャンプーはどこから来たの? AVEDAの持続可能な経済活動が私たちにもたらすもの

くせ毛や髪質に悩んでいる人にとって、AVEDAの製品は魅力的です。筆者も子どもの頃からくせ毛に悩まされていましたが、10年ほど前にAVEDAの「ダメージレメディーシリーズ」のシャンプー&コンディショナーを使用したところ、うねる髪の毛はゆるやかなウェーブを描くようになりました。それは、長年のコン...

続きを読む



サスティナブルファッションを実現するステラ・マッカートニーの取り組み

現在レザーは靴、バッグ、小物、アウターウェア、家具などあらゆるところで使われています。耐久性、保温性、デザインの柔軟性など、さまざまな特長を持つレザーは、人類が衣服を身に着けるようになった時代に最初に使われた素材のひとつであると考えられています。 ただ現在、地球環境への意識が高まり、菜食主義を...

続きを読む


JOURNEY to FUMIKODA WORLD

EXPERIENCE of FUMIKODA WORLD